結婚が決まったら必ず必要な結婚指輪を用意しよう

人気の素材

ウエディングケーキと人形

結婚となれば当然出て来る結婚指輪の選択について、皆さんはどういった選択をされているでしょうか。
基本自分達の好みに合わせたものにすれば良いですが、最近では、ゴールド系の指輪やシルバーアクセサリーの指輪でもって結婚指輪をする人も増えてきています。
中には色違いやデザイン違いのもので、二重に付けられている方もいらっしゃいます。
自分の場合は結婚前から話していたあるブランドの指輪しか頭になく、それ一筋で考えていました。
デザインがシンプルなのにとても魅かれ、リングの内側にブランド独自の筆記体でアルファベットの刻印も出来るのと、最終的には色味の部分でシャンパンゴールドの様な色合いのピンクゴールドをとても気に入り、それにしました。
やはり身に付けて嬉しく感じるためには自分達の好みのものを断然おすすめします。

結婚式等でみに付けるアクセサリーは特に気を使う部分は無いかもしれまえんが、お葬式になるとそれは変わります。
良く、プラチナやシルバーなど光もの、特に銀色系はタブーとしていますが、中にはゴールドだと問題無いとか、また結婚指輪であれば問題無いと意見は様々です。
ただ、最終的には式を挙げる様式であったり、お葬式であれば宗教的な考えもありますので、参加ルする場合は事前に確認をしておいた方が健全かもしれません。
かくゆう私はお葬式に参加する場合を考慮してゴールド系のリングを購入しました。
ただ普通のゴールドだと大変目立ってしまうので、ピンクゴールドというもので、比較的ゴールドのギラギラ感が抑えられた色味を選択しています。
自分にとって大切なリングですので、常に肌身離さず身に付けたいですし、アクセサリーやジュエリー関係を選ぶ上で冠婚交際時のマナーは必須ですが、迷惑掛からない工夫が出来れば、どんな物でも大丈夫だと思います。